オキナワモズクとは


国内で販売されているモズクの大部分は、沖縄で生産されています。オキナワモズクは、美しい沖縄の海で育てられます。沖縄では毎年、4月の第3日曜日を「モズクの日」に決めています。それぐらい食べられているということでしょう。

オキナワモズクに含まれているフコイダンの含有量は、通常のコンブの5倍もあります。通常のモズクに比べると、オキナワモズクは太さが3mmぐらいあることから、「太モズク」と呼ばれています。モズクに比べて、歯ごたえがいいのが特徴です。

オキナワモズクのカロリーは、100gあたりわずか6kcalですから、いくら食べても太りません。フコイダンは、水溶性の食物繊維ですから、便秘にもきくということです。ダイエットに向いています。沖縄では、モズクの研究が長い間進められてきており、フコイダンの効果についてもよく知られています。

血液をサラサラにして血圧の上昇を抑えたり、コレステロールを下げる働きもあるようです。昔から沖縄では、オキナワモズクを「三杯酢」で食べているということです。三杯酢は、「酢・醤油・みりん」をまぜて作ります。

ほかに、味噌汁や雑炊などに入れたり、天ぷらなどにして食べています。さらに、オキナワモズクは「ヒラヤチー」という沖縄料理の具にも利用されています。

(健康食品フコイダン)